2007年10月09日

封筒2メッセージF

星3人間関係の基本は腹六分。
 どんなに愛していても、相手の負担にならないこと。
 それが長続きの秘訣。


星3人を恨むと同じだけマイナスのエネルギーが返ってくる。
 人を呪わば穴二つ。 
 嫌いな人でも良い所を見つけられるはず。


星3親が悪口を言い合えば、そのまま子供にインプットされる。
 親が暴力をふるえば、子供も暴力をふるう。 
 三つ子の魂百まで。


星3年を取れば取るほど世の中は面白くなる。
 色々なことが理解できるようになると、新たな発見の連続。
 長生きはするもの。


星3どんなトラブルが起きても微動だにしない。
 そんなレベルに達するまで人生の修行は続きます。
 弱音を吐かず覚悟を決めて。


星3精神のバランスが崩れるのは、機能性・利便性・経済効率。
 そればかり基準にするから。
 精神の健康を保つのは美意識。


星3目の前にいる人を救うために何ができるか考える。
 神様の目をまっすぐ見つめて、胸を張れる生き方。
 それが揺るぎない信念。


星3蓮の花の値打ちは、泥の中で育っても美しい花を咲かせること。
 悩みや苦しみは、自分を鍛えるチャンス。


星3容姿も、性格も、才能も……子供達は千差万別。
 どんな子供が生まれても大切なのは愛し続ける覚悟。


星3貧しい生活の中でしか学べない生活の知恵がある。
 苦あれば楽あり。
 これも正負の法則。


星3人の悪口を言えば、自分も不愉快になる。
 嫌いな人はどこにでも居ます。
 見ざる・聞かざる・言わざるが楽。
posted by ポジティブ at 00:07| ☆美輪さんの言葉 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。