2008年05月13日

封筒2メッセージH

星3今の日本は心の貧しい国。
 政財官界の人間は謝ってばかりいないで、心の豊かさを取り戻すために力を合わせなければならない。


星3「自分を愛する」とは、ナルシストではなく、大らかな愛で自分を包み自分を慈しむこと。自分を愛せないものは人を愛せない。


星3天国しか知らない坊ちゃんに地獄にいる人を救うことはできない。
 不良を更生させるのは、同じ道を歩いたことがある人の言葉。


星3「自分はかくあらねばならぬ」という思い込みは、自縄自爆の落とし穴。
 人間は年を追うごとに世の中も自分のことも見えてくる。
 自分の可能性の大きさを発見できる。


星3世の中は危険だらけで病気だらけ。
 生きているだけですごい事。
 人は生き抜くことに価値がある。


星3どんなに愛した人でも時が経てば忘れてしまうもの。
 亡くなった人を忘れることは罪ではありません。
 良いことだけ思い出すのが思い出の上手な使い方。


星3怒り・憎しみ・悲しみ・呪い。
 マイナス感情は抑えて、うれしい時・楽しい時・幸せな時に感情を利用する。
 感情をコントロールできるのが一番洗練された人間。



星3人をいじめるのは、自分がコンプレックスの塊だから。
 自分に自信のある人は人に優しい。


星3「黒」を知れば生成りの「白」がわかる。
 苦しみや挫折を知らなければ幸せはわからない。
 しゃべる・見える・歩ける………全てが幸せ。


星3いつも心象風景を明るく・楽しく・ロマンチックに夢を描き、物語の主人公になって生活する人に幸運はやって来るもの。
posted by ポジティブ at 16:03| ☆美輪さんの言葉 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。