2006年12月01日

花束さあ、舞台に上がりましょう。主役はあなたです花束A

【嫉妬】
人をうらやむのは、相手の中身を本当には見ていないからです
どんなに幸せそうに見える人でも、必ずその分のリスクを背負って生きています
今の一瞬にとらわれるのではなく、長い目で見ればわかります


【人生は念力とタイミング】
強運になるポイントは念力とタイミング
子供の頃に遊んだ縄跳び遊びと同じです


【10年先のビジョン】
バスや電車に乗るとき、行き先がわからないまま乗る人はいません
人生も同じ
自分はどこえ行きたいのかを、はっきりと映像化することが大切です


【逆境のとき】
逆境だと思えば苦しいだけ
でも、新たな挑戦の場、経験を積むためのレッスンだと思えば、きっと道は開けてくるはずです


【失敗の意味】
失敗をするために、私たちは生まれてきました
失敗を乗り越えるために、今、ここにいるのです


【主人公になる】
あなたの人生の主人公はあなたです
主人公は、ひとりで決めて、ひとりで行動しなければなりません
その意味で、人はみな「孤独」です
「孤独でなければいけない」のです


【人生の練習】
自分の行きたいところへ、自分で計画を立てて行ってみてください
頼る人は誰もいません
嫌でも自分で行動し、自分が主役にならざるをえないのです
そんな練習をしてみてください
人生という旅も、まったくそれと同じなのです


【いってはいけない言葉】
「できない」「無理」「嫌だ」「つまらない」「わからない」などという否定的な言葉を言ってはいけません
それは自分にはね返り、周囲にも伝染します


【愚痴を感謝に】
人に愚痴を聞いてもらったとき、絶対に必要なのは、相手への感謝です
「聞いてくれてありがとう」という気持ちを伝えることで、愚痴というマイナスのエネルギーが、感謝というプラスのエネルギーに転化するのです


【心の美人】
いつも笑顔でいることは、なかなかできません
何があっても笑顔で乗りきる強さがある人
悩んでいる人を笑顔で癒せるやさしさのある人
周囲にいる人すべてに、笑顔という愛を与えることができる人
つまり、心が美しい人でなければ、いつも笑顔でいることはできないのです


【人生を決めるもの】
造作ではなく、心が美しいかどうか
それが、すべてを決めるのです


【美人に生まれるという宿命】
美人に生まれるということは、必ずしもいいことばかりではありません
魂を磨くチャンスが少ないからです
posted by ポジティブ at 00:09| Comment(0) | ☆スピリチュアルメッセージ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。