2008年06月13日

封筒2メッセージI

星3人間のエネルギーを信じない人。
 「自分には出来ない」と思い込んでいる人に幸運はやって来ない。
 プラス思考のノー天気が人生のコツ。


星3私に無償の愛を教えてくれたのは、私を愛してくれた人たちです。
 彼らがいたから私は信じられます。
 絶対的な愛。
 絶えることのない愛。
 そんな無償の愛が、この世に存在するのだと。


星3恋愛の八方美人は、自分の首を絞めることになる。
 その気がないなら冷たくする方が相手のため。


星3人は親しくなるほど図々しくなる。
 相手の心に土足で踏み込むからけんかになる。
 「ありがとう」は馴れ合いを防ぐ言葉。
 「親しく仲にも礼儀あり」。
 それがいつまでも仲良くする秘訣。


星3窮地に陥った時は、自分を信じて自分に負けないこと。
 試練の中に生き抜いた自分の強さがあなたのプライドになる。
 未来への力になる。


星3はかなげで、たおやかで、洗練された日本の美は、平和な世界でしか生き残れない希少品。
 こんな不安な時代だからこそ、和の美意識を大事に守ってほしいものです。


星3感情に任せて怒る親より、努を我慢して叱る親の姿に、子どもは感心する。
 子どもを教育するには、まず親が感情のコントロールすること。


星3愛を知らないエゴイストは、何かあると人を恨み、憎み、怒る。
 愛があれば相手を思いやることができる。
 問題が起きても、答えの糸口を見つけられる。
posted by ポジティブ at 20:16 | TrackBack(0) | ☆美輪さんの言葉 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。