2010年12月02日

沢山の方の光るハート支援が宮崎県に届きますようにゴメン/お願い

義援金の募集を行っている市役所・町役場とアメリカ宮崎県人会を紹介します(拡散希望ゴメン/お願い

詳細はURLからアクセスして下さい平謝りあせあせ(飛び散る汗)


アメリカ宮崎県人会 宮崎県口蹄疫被害義援金
アメリカUTB HOLLYWOODの掲示板
http://utbhollywood.com/news/pubana/story/6/6.30/index.php
募金をしてくださった方には、きちんと後日領収書が送られてきます。
(アメリカ在住の方、宜しくお願い致します平謝り


宮崎県西都市口蹄疫被害義援金
西都市役所ホームページ
http://www.city.saito.miyazaki.jp/display.php?cont=100528115615


宮崎県児湯郡木城町口蹄疫被害義援金
木城町役場ホームページ
http://www.kijo.jp/soumu/kouteieki/kotei-3.jsp


宮崎県児湯郡新富町口蹄疫対策義援金
新富町役場ホームページ
http://www.town.shintomi.miyazaki.jp/dd.aspx?itemid=5545#itemid5545


宮崎県児湯郡川南町口蹄疫対策支援金
川南町役場ホームページ
http://www.town.kawaminami.miyazaki.jp/soumuka/soumukakari/koho/kouteieki-sien_2.jsp


宮崎県児湯郡高鍋町口蹄疫対策義援金
高鍋町役場ホームページ
http://www.town.takanabe.miyazaki.jp/kouteieki/bokin.html


宮崎県児湯郡都農町口蹄疫被害義援金
都農町役場ホームページ
http://www.town.tsuno.miyazaki.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=29


宮崎県日向市口蹄疫対策支援金
日向市役所ホームページ
http://hpm.city.hyuga.miyazaki.jp/display.php?cont=100524165546


宮崎県えびの市口蹄疫被害義援金
えびの市役所ホームページ
http://www.city.ebino.lg.jp/gyousei/koteieki-6.html


宮崎県都城市口蹄疫対策支援金
都城市役所ホームページ
http://www.city.miyakonojo.miyazaki.jp/shisetsu/kakuka/tikusan/shien.jsp


宮崎県宮崎市口蹄疫被害義援金
宮崎市役所ホームページ
http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/www/contents/1274850456948/index.html


再建出来るまでには3〜5年の月日がかかると聞きました。


これからが一番支援が必要な時です。


地図日本全体の為に頑張ってくれてた宮崎県の畜産農家さんに、沢山の方の光るハート支援が届きますように四つ葉ゴメン/お願い
posted by ポジティブ at 11:50| Comment(14) | TrackBack(0) | ☆口蹄疫 | 更新情報をチェックする

ノート2(開)「畜産市長の「口蹄疫」130日の闘い」


悲鳴と怒号、そして決断へ

伝えられなかった生々しい現場の声がここに








「畜産市長の「口蹄疫」130日の闘い」宮崎県西都市長 橋田和実





西都市の橋田和実市長は、口蹄疫問題を振り返った著書「畜産市長の『口蹄疫』130日の闘い」(書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)、1680円)を出版した。

 現地で防疫の陣頭指揮を執った経験を踏まえ、国や県との対策の温度差、自ら携わった家畜の殺処分の生々しさ、埋却地交渉の難しさなどをつづっている。

 254ページ、3部構成。冒頭、数ページにわたって殺処分や埋却現場の写真を掲載。処分され重機でつり上げられた牛、雨でぬかるんだ埋却地で疲れ切った表情で作業を進める職員など、現場の生々しさを伝えている。

 6割以上のページを割いた第1部は、口蹄疫の発生からワクチン接種に至るまでの国や県との激しいやりとり、殺処分や埋却に携わる現場の苦悩を描いた。ワクチン使用については、接種時期や範囲をもう一度徹底的に検討すべきだと指摘している。

 第2部は同市の獣医師と農家へのインタビュー、第3部には今月見直したばかりの同市の「口蹄疫発生初動対策マニュアル」を収録した。

 橋田市長は「国や県の報告書に出ない作業員、農家の苦悩を全国の人々に伝えたかった。今回の経験が少しでも畜産にかかわる人々の参考になれば」と話している。

全国の書店で11月1日以降、店頭に並ぶ。

問い合わせは書肆侃侃房さんへ。



〜追記〜

第一版発行は5000部、これから増刷されるようです 「!!」
posted by ポジティブ at 11:49| Comment(1) | TrackBack(0) | ☆口蹄疫 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。